【失敗しないために知っておきたい!】セルカウンターのあれこれとおススメ9選!

スポンサーリンク
ゆん玉

現役ライフサイエンス系代理の営業マンが研究者の製品検索の時短に貢献すべくさまざま製品をまとめています。
一部商品を楽天やAmazon経由にて販売も行っておりますので、よろしければ購入ボタンから確認してみてください。
商品の販売をしていない製品もありますので、ご容赦くださいませ。
購入後の不具合等に関しては当サイトでは一切の責任を負いかねます。
購入された楽天やAmazonの販売者へお問い合わせください。
また、Twitterにて製品欠品情報や価格改定情報等もリアルタイムで発信しておりますので、そちらも合わせてよろしくお願いします。

ゆん玉をフォローする
アイキャッチ画像 機器
スポンサーリンク

細胞培養するうえで欠かせないセルカウンターを紹介します。

  • セルカウンターってどんな種類があるの?
  • セルカウンターのおすすめを教えてほしい
  • 新規購入や更新検討しているけど、各社の比較が面倒くさい

こんなお悩みの方に読んでほしい内容となっています。
国内で販売しているメーカー9社を一覧で比較したのちに各社個別で特徴仕様ランニングコストまで紹介しています。
代理店営業している私からのおすすめポイントも含んでおりますので、参考にしてみてください。

また、今回機器の更新で検討されている方は是非こちらの記事もご確認ください!

機器の賢い処分方法をまとめておりますので、参考にしてみてくださいね。

それではいきましょう!

セルカウンターとは?種類はあるの?

セルカウンターとは、細胞の数量をカウントする機械のことです。

今までは血球計算盤を用いて手動で大量の細胞のカウントおよび定量を行っていましたが、
これを効率よくするために発明されました。

セルカウンターにはいろいろな種類がありますが、一般的には電気抵抗法や顕微鏡画像を使用します。電気抵抗法は、試料に電気を通して細胞の数を数える方法で、顕微鏡画像は、試料を顕微鏡で観察して細胞の数を数える方法です。

セルカウンターは、医療や研究分野で広く使われており、例えば、血液中の白血球の数を数えたり、がん細胞の数を数えたりすることができます。

セルカウンターには下記の主に3種類に分類されます。
それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 コールターカウンター

測定方法:電気抵抗に基づいた測定
機器の開口部を通る際の電気抵抗の変化を測定することによって、細胞のサイズと数を特定します。

メリット

  • 試薬の使用が少なく、比較的低コストで測定可能。
  • 試料の処理が比較的容易であるため、セルカウントの自動化がしやすいです。
  • 試料の処理によって細胞を集めるため、高純度の細胞を得ることができます。

デメリット

  • 細胞密度が高い場合には精度が低下することがあります。
  • 電気抵抗法による測定は、細胞が生きている必要があります。
    死んだ細胞は値が変わらないため、抵抗を数えられません。
  • 測定結果に影響を与える可能性がある代入の添加が必要になる場合があります。また、代入によっては細胞にダメージ与える可能性があるため、注意が必要です。
  • 細胞の大きさや形状によって精度が低下することがあります。

 フローサイトメトリー

測定方法:レーザー技術に基づいて個々の細胞のサイズ等を分析します。

メリット:

  • 高速かつ正確な細胞数のカウントが可能。
  • 細胞の大きさ、形状、蛍光などの属性による分類が可能。
  • 試料を測定せずに測定できるため、後処理が簡単。
  • 大量の細胞を処理することが可能。
  • 低濃度の細胞も検出可能。

デメリット:

  • セットアップには高価な機器が必要。
  • 試薬の使用や蛍光染色による影響が検出される可能性があります。
  • 細胞の密度が非常に高い場合には検出が困難である場合があります。

 イメージャー

測定方法:顕微鏡画像に基づいて細胞数を測定および分析します。

メリット

  • 試料の直接観察ができるため、細胞の状態や形状を正確に把握できます。
  • 細胞の種類や形状、色素染色による劣性を考慮できます。
  • 細胞のカウントアップ以外にも、形態や色素、分布パターンなどの情報を得ることができます。

デメリット

  • 測定に時間がかかるため、大量のサンプルの処理には不向き。
  • 測定結果の主観的な影響が比較的大きく、正確性に限界があります。
  • 手作業での判定が必要な場合もあり、経験や技術によっては測定結果に変化が生じる可能性があります。
  • 細胞密度の高いサンプルでは、​​細胞の噛み合いによって正確性が低下することがあります。

例として下記のような危機があり

最後にマニュアル測定と自動測定のメリットデメリットを比較してみましょう。

メリット

デメリット
マニュアルカウント自動カウント
メリット・正確性が高い・時間と労力の削減
・ヒューマンエラーの削減
・再現性の向上
・高濃度でも簡単に測定可能
・多検体も対応可能
デメリット・時間がかかる
・ヒューマンエラー
・細胞認識のエラー
・経験や技術によってばらつきが出やすい
・コストがかかる
・メンテナンスが必要な場合がある
・専用試薬が必要な場合がある

正確なセルカウントのための4つのコツ

試料の均一性を安定させよう!

  • 試料をよく混ぜ、均一に分散させることで、細胞の密度を均一にすることができます。
  • 均一性が悪い場合は、同じ試料でも測定値に変化が生じるため、正確な測定が困難になります。

測定範囲を適切に設定する。

  • 試料の量や濃度に合わせて、測定範囲を適切に設定することが大切です。
  • 測定範囲を狭く設定すると、測定時間が長くなり、試料が変化してしまう可能性があります。
  • 逆に、測定範囲を広く設定しすぎると、細胞以外のものも一緒に測定してしまい、正確な測定が困難になります。

試料の前処理を適切に行う。

  • 試料に含まれる異物や沈殿を除去することで、正確な測定を行うことができます。
  • 例えば、血液中の細胞を数える場合、凝固を防止するために試料に抗凝固剤を注入する必要があります。

セルカウンターの取り扱いに注意する。

  • 測定前に、セルカウンターの境界(補正)を行い、正確な測定を行うようにしましょう。
  • また、測定後には、セルカウンターをきれいに清掃し、次の測定に備えています

セルカウンターを使用するために必要な消耗品

カウンティングスライド

各社で専用のカウンティングスライドが必要となります。
価格や詳細はそれぞれのメーカー紹介で記載しますので、そちらを参考にしてくださいね。

トリパンブルー染色

製品によってはトリパンブルー染色が必要な場合もあります。

主に使用されるトリパンブルー染色は下記製品があげられます。

https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/product/detail/W01W0120-1708.html
Trypan Blue Solution, 0.4%
Membrane filtered and prepared in 0.85% saline.
製品詳細情報|トリパンブルー溶液 20577-34 100ML ナカライテスク|e-Nacalai Search Version

※ナカライテスク製品はe-nakalaiに登録して購入すると安価に購入が可能です。
登録等に関してはこちらで紹介してますので、参考にしてくださいね。

他にも多くのメーカーが販売しています。
用途に合わせて最適な製品を選定してくださいね!

マイクロピペット

分注する際に必須の製品です。
すでにお持ちかと思いますが、更新を検討している方は下記に各社の情報をまとめていますので、
参考にしてください。

使っているピペットにチップが適合するかわからない場合はこちらも参考にしてください。

販売メーカー一覧

メーカーサーモフィッシャースクラムバイオラッドエムエステクノ
製品画像インライン画像
Countess 3
インライン画像
CellDrop
インライン画像
TC20
インライン画像
NucleoCounter
サンプル容量10µL5µL(チャンバー高:50μm時)
10µL(チャンバー高:100μm時)
40μL(チャンバー高:400μm時)

10µL
100μl
(サンプルローディング時推奨量)
濃度範囲1×104-1×107 cells/mL7×102~2.5×107cells/mL
5×10 
4 –1×10 
7
5 x 104 ~ 5 x 106 cells/ml(最適レンジ)
サイズ範囲約4-60µm4~400µm
6–50µm
哺乳類
同時計数サンプル・3チャネル
・1チャネル
シングル2チャンネルシングル
測定時間30秒以内3秒(明視野 @ 1×106 cells/mL)
8.5秒(蛍光 @ 1×106 cells/mL)

30秒
・50秒(通常測定時)
・120秒(凝集プロトコール使用時)
希望小売価格
※2023年3月時点となります。
620,000円680,000円~(制限あり)
1,580,000円(無期限)
500,000円3,400,000円~
引用元:各社HPより商品画像・機器情報を引用
メーカーアズワンエアブラウンネッパジーンシスメックストミーデジタル
製品画像インライン画像
全自動セルカウンター MoxiZ
インライン画像
オートセルカウンター EVE
インライン画像
CASY
セルカウンター&アナライザー
インライン画像
CDA-1000
インライン画像
Cellaca MX
サンプル容量75μL
10μl

10-100μl
25 µl
濃度範囲・3,000~500,000cells/mL
(有効直径4~34µm、Type Mカセット使用の場合)
・3,000~1,750,000cells/mL
(有効直径3~26µm、Type Sカセット使用の場合)

1×104-1×106
体積 1:70,000 
直径 1:40
<標準>100μmアパチャー:2~60μm
<オプション>25μmアパチャー:0.5~15μm
<オプション>50μmアパチャー:1~30μm
<オプション>200μmアパチャー:4~120μm
1×105 – 1×107
サイズ範囲3~34μm 5-60μm0.7~120μm・血球
・培養・細胞
・酵母
・藻類・花粉・精子・細菌
・古細菌など
5 – 80 µm
同時計数サンプルシングルシングル最大24サンプル
測定時間8秒<20秒10秒
(150μmキャピラリー)
48秒~3分
希望小売価格
※2023年3月時点となります。
828,000円問い合わせ3,400,000円~問い合わせ10,185,000円
引用元:各社HPより商品画像・機器情報を引用

各社詳細

 サーモフィッシャー /Countess 3

特徴

  • PBMCや凝集細胞などの難しいサンプルでも正確な細胞カウント
    人工知能はCountess 3自動セルカウンターが細胞生物学者のように「考える」のを支援し、正確で再現性のあるカウントをシンプル、迅速、かつ自動で生成します。
  • 正確で高精度
    人工知能の取り入れたCountess 3(明視野)およびCountess 3 FL(明視野および蛍光)自動セルカウンターは、Deep Learningニューラルネットワークアルゴリズムを使用して常に正確なカウントを生成するように開発されているため、信頼できる機器です。このアルゴリズムは、数十種類の異なるタイプの細胞やサンプルを含有する何百枚ものプレートに基づいて、専門の細胞生物学者によって細胞を認識するように学習しています。
  • 前機種よりもカウント領域の拡張
    Countess 3自動セルカウンターはほぼ4つの正方形の領域を測定し、細胞分布のバラツキによる影響を低減することで正確さを向上させます。また、オートフォーカス、自動照射、画像捕捉、およびカウントを30秒以内に完了できます。
  • 細胞凝集や細胞片に対処可能
    細胞片を細胞カウントから自動的に排除し、その高度なアルゴリズムは細胞凝集の細胞境界を明確に識別できるため、非常に正確な細胞カウントを実現します。

★製品をYouTubeで紹介されていますので、確認してみてくださいね。

仕様

処理時間<30秒
サンプル濃度範囲:1 x 10⁴~1 x 10⁷ cells/mL
粒子径範囲:約4~60 µm
細胞直径範囲:約4~60 µm
必要サンプル量:10 μL
USBドライブ:32 GB(FAT32、exFAT、およびNTSF適合)
光学系:5メガピクセルカメラ、2.5X光学倍率
本体寸法:228.6 mm (W) X 139.7 mm (D) x 228.6 mm (H)
重量8 lbs;17.6 kg
カウント範囲領域:2.26 mm x 1.69 mm(3.82 mm²)
Graphic image depicting the area of a typical standard hemocytometer and the area counted by the Countess 3 Cell counter which is significantly larger
引用:https://www.thermofisher.com/jp/ja/home/life-science/cell-analysis/cell-analysis-instruments/automated-cell-counters/models/countess-3.html

ランニングコスト

3種類の専用スライドがありますので、用途によって選定してください。
※商品コードをクリックして各商品のページへ飛ぶことが出来ます。

カタログ番号品名容量・単位希望小売価格
(円/税抜)
A51876Countess™ 3 Standard Slide1 slide18,800
A25750Countess™ Reusable Slide1 unit42,700
C10228Countess™ Cell Counting Chamber Slides6種類の容量
引用元:各製品HPより
※価格は2023年3月時点での情報となります。

おすすめポイント

国内トップシェアを誇る製品です。
前機種を使用している方も多いのではないでしょうか?
最新機種には人工知能が搭載されており、常に研究者の手助けをしてくれます。
ランニングコストが少し高いのが、導入のネックにはなりますが、信頼できる正確性と精度を希望の方にはおススメの製品です。
また、サービス対応がよく修理対応が速いので、代理店としても安心して販売できるメーカーです。

 スクラム /CellDrop

特徴

  • のせて→測って→拭くだけの極めてシンプルな操作性
  • わずか3秒で測定を完了(明視野測定の場合)
  • 蛍光測定も約8.5秒で完了
  • 7 x 102 cells/mLの低濃度から測定可能
  • 使い捨てスライドを必要としないためコストを大幅に削減

★製品をYouTubeで紹介されていますので、確認してみてくださいね。

引用:株式会社スクラム/CellDrop

仕様

 明視野モデル/CellDrop BF明視野+蛍光モデル
CellDrop FL
トリパンブルー法
によるセルカウント
AO/PI法による
セルカウント
GFP発現効率の測定
ダイナミックレンジ7 x 102 ~
2.5 x 107 cells/mL
7 x 102 ~
2.5 x 107 cells/mL
細胞直径レンジ4 ~ 400 μm4 ~ 400 μm
サンプル必要量5 μL(チャンバー高:50μm時)
10 μL(チャンバー高:100μm時)
40 μL(チャンバー高:400μm時)
5 μL(チャンバー高:50μm時)
10 μL(チャンバー高:100μm時)
40 μL(チャンバー高:400μm時)
測定時間3秒(明視野 @ 1 x 106 cells/mL)3秒(明視野 @ 1 x 106 cells/mL)
8.5秒(蛍光 @ 1 x 106 cells/mL)
サンプル測定
面の材質
光学サファイア光学サファイア
明視野光源530 nm LED530 nm LED
蛍光光源470 nm LED
蛍光検出波長530nm ±25 nm
645nm ±37 nm
画像サイズ2048 x 800 pixel (3.15 MB)2048 x 800 pixel (3.15 MB)
カメラBasler daA2500- 14µmBasler acA2040-55µm
検出器ON Semiconductor MT9P031Sony IMX265
接続WiFi, Ethernet, HDMi, USBWiFi, Ethernet, HDMi, USB
内蔵ストレージ120 GB SSD120 GB SSD
ディスプレイ7インチカラー液晶タッチパネル7インチカラー液晶タッチパネル
装置サイズW21 x D37 x H18 cmW21 x D37 x H18 cm
装置重量8 kg8 kg
保証期間2年間2年間
引用:https://www.scrum-net.co.jp/product/list/cell-counter/celldrop/series-top

ランニングコスト

この機器にはスライドガラスが必要ありませんので、ランニングコストはかかりません!
購入時にライセンスを購入し使用します。
ライセンスには無期限と測定回数制限がありますので、希望のライセンスを選定してください。
最初に測定回数制限を購入しても、あとから無期限にグレードアップもできます。
都度スライドガラスを発注する手間が省け、スライドガラスを使用するよりも安価に使用可能です。

おすすめポイント

2020年度のSIENTISTS’CHOICE AWARDSを受賞した製品です。
なんといっても特徴はスライドガラスが不要な点です!
スライドガラスがいらなければ、代理店へ発注する手間が省け在庫の心配をしなくて済み、スライドガラスを落としてしまう心配もありません。
ランニングコストやスライドガラス問題を気にする方はこの製品がおススメです。

 バイオラッド /TC20™

特徴

  • 細胞株、初代培養細胞(組織または血液)、および幹細胞に対応 
    幅広い細胞サイズと種類に広く対応します。
  • 革新的なオートフォーカス技術 
    マニュアルフォーカスに伴う人的バイアスを除去して、30秒でカウントします。
  • 細胞サイズによるゲート機能 
    初代培養細胞のような複数の細胞種が混在するサンプルでは細胞サイズ範囲を指定して、目的の細胞だけをカウントすることができます。
  • 細胞生存率 
    TC20全自動セルカウンター独自の複数焦点面解析を用いて、より正確に細胞をカウントすることができます。
  • 簡単なデータエクスポートと分析 
    USBフラッシュメモリにいつでもオンボード上の100カウント分のデータをエクスポート可能です。またエクスポートされた細胞画像を分析するためTC20 Data AnalyzerソフトウェアによりPC上でデータ解析することができます。

★製品をYouTubeで紹介されていますので、確認してみてくださいね。

引用:Bio-Rad Laboratories/Introducing the TC20™ Automated Cell Counter

仕様

カウント時間30秒
細胞濃度範囲、細胞/ml5 x 104–1 x 107
最適細胞濃度範囲、cells/ml1 x 105–5 x 106
細胞径範囲、μm6–50
サンプル量、μl10
データストレージ、カウント100
希釈計算機あり
寸法 (幅 x 奥行き x 高さ)19×15×25.4cm
重量2.2kg
引用:https://www.bio-rad.com/ja-jp/product/tc20-automated-cell-counter?ID=M7FBG34VY

ランニングコスト

カウンティングスライドは入数30枚入りを基本にセット販売を行っております。
使用頻度に応じて選定してくださいね。

カタログ番号品名容量・単位希望小売価格
(円/税抜)
1450011カウンティングスライド7種類の入数
1450003J1カウンティングキット1 EA8,000
1450021Trypan Blue  5×1.5ml7,700
1450022Trypan Blue10×1.5ml11,000
引用元:https://www.bio-rad.com/ja-jp/product/tc20-automated-cell-counter?ID=M7FBG34VY
※価格は2023年3月時点での情報となります。

おすすめポイント

製品自体は10年前ほどに販売開始されていますので、最新の機器に比べたら見劣りするところがあるかもしれません。
使い勝手や性能は最新機器の方がより良くなっていることが多いので、その点も踏まえて選定したいところです。
しかし、それだけ長く愛されてきている製品ともいえますね!

 エムエステクノ/NucleoCounter

特徴

★製品をYouTubeで紹介されていますので、確認してみてくださいね。

引用元:ChemoMetec/Cell Counting in GMP environment | The ideal cell counter for GMP | 21 CFR part 11-ready

仕様

測定範囲5 x 104 ~ 5 x 106 cells/ml(最適レンジ)
サンプル溶液量100μl(サンプルローディング時推奨量) Via1 Cassetteにロードされる量は約60μl
測定時間50秒(通常測定時)、120秒(凝集プロトコール使用時)
サイズ40(W) × 23(H) × 25(D) cm、3kg
電源24VDC (100-240V、50-60Hz)
消費電力7/20W(待機モード/ピーク時)

ランニングコスト

カタログ番号品名容量/入数希望小売価格(税別)
910-0002細胞処理試薬B, 500 ml (試験成績書有)500ml¥18,000
910-0003細胞処理試薬A100, 500 ml (試験成績書有)500ml¥18,000
910-120ML細胞処理試薬A100&B, 各100 ml各100ml¥11,000
910-3010Solution 10 -Lysis buffer, 100 ml100ml¥18,000
910-3017Solution 17 -Blood Lysis Buffer, 25 ml25ml¥35,000
911-0013Cleaning Kit NucleoCounter 10本入10本¥16,000
912-0010NucleoCounter NC-200 IQ/OQ Kit1セット¥130,000
912-0013NC-200 PQ Kit 4(テストビーズ3本セット)1セット¥150,000
912-0014PQ Test Kit for NC-200(テストビーズ3本セット)1セット¥130,000
941-0012Via1-Cassette 100個入100個¥46,000
941-0024Via2-Cassette 100個入100個¥49,000
974-0005PQ Test Kit for NC-200(Via2-Cassette使用)1セット¥130,000
※価格は2023年3月時点での情報となります。

おすすめポイント

間葉系幹細胞を扱っている方や幹細胞を扱っている方に特に需要があり、
高い精度と信頼性で多くのラボで導入されています。
専用のカセットが高く、ランニングコストが気になるところではありますが、メンテナンスの手間を省きたかったり、GMPグレード・Part11対応希望の方にはおススメです。

 アズワン /全自動セルカウンター MoxiZ 

特徴

  • より手軽により速くより高い信頼性
  • コールター原理により再現性が高く、精度の高いサイズ測定が可能です。
  • 血球・酵母など、最小2μmから計測可能です。
  • 長寿命充電バッテリーを搭載しておりコードレスで使用可能です。
  • 小型ですのでクリーンベンチでも場所を取りません。
  • タッチスクリーンでスマートフォン感覚です。
  • 低ランニングコストタイプです。
  • わずか8秒でデータ取得できます。

仕様

サンプル容量75μL
濃度範囲・3,000~500,000cells/mL
(有効直径4~34µm、Type Mカセット使用の場合)
・3,000~1,750,000cells/mL
(有効直径3~26µm、Type Sカセット使用の場合)
サイズ範囲3-34μL
測定時間8秒

ランニングコスト

カタログ番号品名容量・単位希望小売価格
(円/税抜)
2-2112-12全自動セルカウンター用 Moxi カセット(S) 1袋(25枚入)28,000
引用元:https://axel.as-1.co.jp/asone/d/2-2112-12/
※価格は2023年3月時点での情報となります。

おすすめポイント

安価で使いやすいセルカウンターです。
小型でコードレスとなっており持ち運びにも便利で、クリーンベンチ内でも場所を取りません。
手軽にセルカウンターを使用したい方にお勧めの製品です。

 エアブラウン /オートセルカウンター EVE

特徴

  • 凝集した細部でも測定が可能
    先進的な解析アルゴリズムにより凝集細胞でも正確なデータが得られます
  • 組織または血液由来の初代細胞や幹細胞などの さまざまなサイズ・細胞に対応可能
  • 迅速
    20秒以内に生細胞・死細胞の数と細胞の生存率生を測定
  • 小型・使いやすい
    7 インチ LCD タッチスクリーン, クリーンベンチに設置可能, メンテナンスフリー
  • データの保存・解析が簡単
    最大500個のデータの保存が可能、PCへのデータ転送はUSBメモリーを使用します

仕様

測定時間<20秒
測定レンジ(cells/ml)1×104-1×106
推奨測定レンジ(cells/ml)1×105-4×106
測定可能な細胞の大きさ5-60μm
サンプル量10μl
染色方法トリパンブルー染色
ディスプレイ7”LCD タッチスクリーン
イメージフォーマットJPEG(image),CSV(raw data)
データ送信方法USB driver
本体サイズ27cm(W)×20cm(D)×19cm(H)
重さ2.1kg

ランニングコスト

カタログ番号品名容量・単位希望小売価格
(円/税抜)
EVS-050EVE Cell counting slide(50枚/ 100test分) 50枚×1箱
(1.5 ml トリパンブルー染色液 1本含む)
10,400
引用元:https://arb-ls.com/products/auto_cellcounter_eve/
※価格は2023年3月時点での情報となります。

おすすめポイント

凝集した細胞でも測定が行え、20秒以内で結果が出るのは嬉しい性能です。
アズワン製品に比べれば少し大きいですが、それでもセルカウンターの中では小型ですので、
クリーンベンチの中でも使用も問題ありません。
また、他のメーカーに比べスライドガラスが安価なので、ランニングコストが負担になりにくいのも
着目したいですね。

 ネッパジーン /CASY セルカウンター&アナライザー

特徴

  • シンプル:染色無し、前処理無し
  • 速い:測定は10秒以下
  • 独自性:体積をベースにした検出と凝集補正機能
  • 信頼性:高い再現性(PBMC、細胞治療、免疫治療、バイオ製造など重要な用途においても)
  • モジュール式:必要に応じてCASYを構成
  • 細胞QC:生存率、細胞寸法分布(0.7-120μm)

仕様

測定原理100万回測定/秒での電気パルス面積解析
ISO13319に準拠
生存率判定Electrical Current Exclusion (ECE)
ダイナミックレンジ体積 1:70,000
直径 1:40
測定サイズチャネル512,000
表示サイズチャネル1,024
測定レンジ0.7-120μm
分解能1:512,000
標準測定時間10秒
標準サンプル量10-100μl
引用元:https://www.nepagene.jp/products_nepagene_0059.html

ランニングコスト

写真品番品名
CASY cupsC-CUPSCASY カップ [1,800 ヶ]
CASY rackC-RACKCASY ラック
CASY tonC-TONCASY トン [10 リットル]
CASY cleanC-CLEANCASY クリーン [500ml×3 本]
CASY blueC-BLUECASY ブルー [30ml×4 本]
CASY dispenserC-DISPENSERCASY ディスペンサー 2~10ml
引用元:https://www.nepagene.jp/products_nepagene_0059.html

おすすめポイント

トリパンブルー染色なしで染色したい!
・正確性を求めたい!
・GMP/GLPに準拠、Part11対応がいい!

上記のような希望の方にお勧めの製品です。
2,000以上の文献でCASY装置が使用されており、信用度も高い製品です。
測定時間が短く、正確性が高く、信頼性もある三拍子そろったハイスペックな機器です。

 シスメックス/CDA-1000

特徴

  • 測定対象は多種多彩
    【血球、培養細胞、酵母、藻類、花粉、精子、細菌、古細菌 など】
  • レンジ切り替え無しで測定可能!
    ・ワイドなダイナミックレンジ 1:30(粒子径)を実現し、
     1つのアパチャーで細孔の2-60%まで測定可能。
    ・粒子径測定ならレンジ切り替えなしで全範囲を一度に測定  
     100μmアパチャーの測定範囲:2-60μm 
  • 測定原理に電気的検知帯方式(ノンシース方式)を採用

★製品紹介をYouTubeで行っておりますので、確認してみてくださいね。

引用:シスメックスバイオリサーチ/電気的検知帯方式粒度分布測定装置 CDA 1000X プロモーションビデオ

仕様

本体のサイズ
(W)x(D)x(H)mm
250×370×390
重さ約17.5kg
電源AC100V ±10V 120VA以下50/60Hz
測定原理電気的検知帯法(コールター原理)
測定対象血球、培養細胞、酵母、藻類、花粉、精子、細菌、古細菌など
測定範囲<標準>100μmアパチャー:2~60μm
<オプション>25μmアパチャー:0.5~15μm
<オプション>50μmアパチャー:1~30μm
<オプション>200μmアパチャー:4~120μm

おすすめポイント

レンジ切り替え不要で細胞や粒子を一度に測定可能な粒度分布です。
多くのラボに導入されており、論文にも掲載されています。
HP上から論文を確認することができますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。
また、測定対象の測定例をそれぞれアプリケーションレポートとして掲載しています。
希望の測定対象があれば一度確認してみてくださいね。

 トミーデジタル/Cellaca MX

特徴

  • 3分以内で24サンプルをカウント可能
  • サンプル量は少量でOK
    25 µlの細胞懸濁液で測定可能。
  • オートフォーカス
    オートフォーカスで素早くピントを合わせられます。
  • 細胞ベースのアッセイ
    シングルセルレベルでのデータ出力により、アポトーシス、細胞周期、タンパク質発現(GFP, RFP)、活性酸素等の細胞を用いたアッセイを可能にします。
  • イメージングと解析を同時に行うことが可能。
  • 21 CFR Part 11 対応

仕様

Cellaca MX BFCellaca MX FL2Cellaca MX FL5
チャネル明視野明視野、Green、Red明視野、Blue、
Green、Red、Far Red
チャネル数1414
LED励起光なし470、527nm365、470、527、620nm
蛍光フィルターなし534、655nm452、534、605、655、692nm
主な色素トリパンブルートリパンブルー, AO/PI,
Calcein AM, Annexin
V, Caspase 3/7
トリパンブルー, AO/PI, Hoechst,
DAPI, GFP, RFP, CMFDA,
Calcein AM, 7AAD, Annexin V
測定時間
(24サンプル/プレート)
48秒トリパンブルー:48 秒
蛍光:3分未満
トリパンブルー:48 秒
蛍光:3分未満
必要サンプル量/ウェル25 µL – 100 µL 細胞懸濁液
50 µL – 200 µL総容量
25 µL – 100 µL 細胞懸濁液
50 µL – 200 µL総容量
25 µL – 100 µL 細胞懸濁液
50 µL – 200 µL総容量
細胞サイズの測定範囲5 – 80 µm5 – 80 µm5 – 80 µm
測定濃度範囲1×105 – 1×1071×105 – 1×1071×105 – 1×107
蛍光機種へのアップグレード可能可能 (色数追加)なし
IQ/OQ対応(別売)可能可能可能
21 CFR Part 11対応(別売)可能可能可能
オートメーション対応(別売)可能可能可能
OSWindows 10Windows 10Windows 10
寸法33cm x 33cm x 41cm33cm x 33cm x 41cm33cm x 33cm x 41cm
重量18kg19kg19kg
引用元:https://www.digital-biology.co.jp/allianced/products/cellaca/

ランニングコスト

指定のトリパンブルー染色やプレートはありませんので、ご自由に選定していただいても大丈夫です。
プレートの色は測定する試薬や反応系、実験条件によって異なりますが、一般的には、ブラックプレートやホワイトプレートが多く使われています。
ブラックプレートは、背景の蛍光を抑える効果があり、感度が高くなる傾向があります。
一方、ホワイトプレートは、反射率が高く、発光強度が増加する傾向があります。
また、グレープレートなどの中間色のプレートもあります。
どの色が最適かは、実験条件や目的によって異なるため、実験前には試験測定を行い、適切なプレートを選択してくださいね。

おすすめポイント

多検体を測定したい方はおススメの製品です。
使い勝手のよさと、高速でハイスループットの性能の高さはかなり好評で、
ベックマン社のVi-Cell よりも良いという方もいらっしゃいます。
世界的に需要のある製品ですので、検討されている方は試してみる価値ありです。

まとめ

まとめ画像

今回はセルカウンターの下記製品を紹介させていただきました。

●サーモフィッシャー /Countess 3

●スクラム /CellDrop

●バイオラッド /TC20™

●エムエステクノ/NucleoCounter

●アズワン /全自動セルカウンター MoxiZ 

●エアブラウン /オートセルカウンター EVE

●ネッパジーン /CASY セルカウンター&アナライザー

●シスメックス/CDA-1000

●トミーデジタル/Cellaca MX

他にも有名なセルカウンターは下記製品がありますが、大人の事情により掲載ができませんでしたが気になる方は調べてみてくださいね!

●ワケンビーテック/FACSCOPE B

●LUNA/ルナⅡTM

●メルク/セルカウンターScepter 2.0

●ベックマン/Vi-CELL BLU

●コーニング/セルカウンター

さて、セルカウンターは細胞培養するうえで必須の製品です。
手動でカウントすることも可能ですが、実験の時短・正確性や精度の向上のためにも導入したい製品です。
取り扱う細胞や検体によってセルカウンターにも得意・不得意がありますので、
この記事の紹介から用途に合った製品が見つかれば嬉しいです。

他にもいろいろな機器を紹介していますので、
興味のある方は是非覗いてみてくださいね。

この記事がいいなと思った方はブックマーク友人・知人への紹介をしていただけると嬉しいです。

これからもよろしくお願いします!

機器
スポンサーリンク
シェアする
ゆん玉をフォローする
スタコラボ*研究員のためのまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました