【まるわかり】12社の依頼書付きマイクロピペット校正・点検サービス!

スポンサーリンク
ゆん玉

現役ライフサイエンス系代理の営業マンが研究者の製品検索の時短に貢献すべくさまざま製品をまとめています。
一部商品を楽天やAmazon経由にて販売も行っておりますので、よろしければ購入ボタンから確認してみてください。
商品の販売をしていない製品もありますので、ご容赦くださいませ。
購入後の不具合等に関しては当サイトでは一切の責任を負いかねます。
購入された楽天やAmazonの販売者へお問い合わせください。
また、Twitterにて製品欠品情報や価格改定情報等もリアルタイムで発信しておりますので、そちらも合わせてよろしくお願いします。

ゆん玉をフォローする
アイキャッチ画像 機器
スポンサーリンク

マイクロピペットを使うあたって、メンテナンスは欠かせませんが、正常な精度や正確性を担保するためにはメーカーによる校正や点検も必要となります。

毎年ピペット校正を行う方も多いと思いますが、そのランニングコストもバカにならないですよね。

そこで、各社のピペット校正に関してサービスや出張ピペット校正サービス等の内容をまとめましたので、今後の参考になれば嬉しいです。
また、各社ピペット校正時に出す校正依頼書も各メーカーごとに必要となります。
わざわざWEBで探しにいかなくても済むように、各メーカーごとにダウンロードページを準備していますので、そちらから都度都度ダウンロードしてくださいね。
ピペット校正の基準となるISO8655に関して説明や、自社でできる簡単ピペット点検機器や、点検出張サービスの紹介もしております。

もしこの記事が役に立った方は、応援の意味を込めてページ内の広告をクリックしていただけますと幸いです。

目次から希望のセクションへも飛べますので、そちらからもどうぞ。

※校正書類の変更やサービスの変更がありましたので情報を更新しております。(2023年8月)

  1. 合格基準となるISO8655って?
  2. 自社でできる簡単点検機器
    1. メトラートレド/SmartCheck SLS1010S
    2. A&D/ピペット容量テスター
    3. A&D/マイクロピペット用リークテスター AD-1690
  3. 点検出張サービスの紹介
    1. メトラートレド/オンサイトサービス
      1. 特徴
    2. ユニフレックス/オンサイトバリデーション
      1. 特徴
  4. 各社サービス内容の紹介
    1. GILSON/点検・校正サービス各種
      1. P・N・M・固定Fタイプ・マルチチャンネル・マイクロマン・ディストリマン・リペットマン
      2. L・G・固定FL
      3. 他社ピペット
    2. エッペンドルフ/点検・校正サービス各種
      1. JCSS校正
      2. 修理サービス
      3. バリデーションサポート(通常検定)
      4. 他社ブランド校正サービス
    3. アズワン/オリジナル校正サービス
    4.  BM機器/ピペット校正サービス
    5. メトラートレド/ピペット校正および修理サービス
      1. スタンダードプラン( 整備後プラン 旧Plan A)
      2. アドバンスプラン( 整備前後プラン 旧Plan B)
      3. 認定プラン (整備前後プラン 旧Plan B エクステンド )
    6. サーモフィッシャー/ピペットサービス
      1. ISO/IEC 17025校正サービス
      2. 点検サービス
    7.  ザルトリウス/ピペットサービス
      1. Pipette Doctor (点検/メンテナンス)
      2. JCSS校正
    8.  ワトソン/校正サービス
      1. メンテナンスサービス/サービスパッケージ
        1. エコノミークラス
        2. ビジネスクラス
        3. ファーストクラス
      2. メンテナンスサービス/校正サービス
        1. シングル/S/オートクレーバブル
        2. マルチ
        3. 他社製ピペッター校正(修理)サービス PIPETTEDOCK (ピペットドック)
        4. 基本サービス
    9.  コーニング/ピペット校正サービス
      1. 校正サービス料金表
        1. ●シングルチャンネル/JCSS校正
        2. ●シングルチャンネル/ISO検査
        3. ●8連マルチチャンネル/JCSS校正
        4. ●8連マルチチャンネル/ISO検査
        5. ●12連マルチチャンネル/JCSS校正
        6. ●12連マルチチャンネル/ISO検査
    10. 日本ジェネティクス/HTL社製ピペット校正サービス
    11. ニチリョー/修理とバリデーションサポート
      1. 修理サービス
      2. JCSS校正サービス
        1. ●JCSS校正/シングル
        2. ●JCSS校正/マルチ8連
        3. ●JCSS校正/マルチ12連
      3. 検定サービス
        1. ●検定サービス/シングル
        2. ●検定サービス/マルチ8連
        3. ●検定サービス/マルチ12連
        4. ●校正サービス(ディスペンサー)
  5. まとめ

合格基準となるISO8655って?

Laboratory glassware – Precision volumetric instruments – Methods for Measurement of Volume and related volumes に関する国際標準規格となります。

  • ISO 8655 ピストン式容積測定装置
    • ISO 8655-1:2002 パート 1: 用語、一般要件、およびユーザー推奨事項
    • ISO 8655-2:2002 パート 2: ピストン ピペット
    • ISO 8655-3:2002 パート 3: ピストンビュレット
    • ISO 8655-4:2002 パート 4: 希釈器
    • ISO 8655-5:2002 パート 5: ディスペンサー
    • ISO 8655-6:2002 パート 6: 測定誤差を決定するための重量法
    • ISO 8655-7:2005 パート 7: 機器性能評価のための非重量測定法
引用元:ウィキペディア/ISO 規格 8000 ~ 9999 のリスト

メーカーはそれぞれこの標準規格をもとに測定を行っています。

また、JCSS校正がありますが、こちらはIAJapanという適合性評価機関があり、その機関が認定した施設で実施する校正のことをいいます。
JCSS認定シンボルが入っている校正証明書は、日本の国家計量基準へのトレーサビリティの確保となります。

自社でできる簡単点検機器

校正はしたいけど、メーカーへ送ると返却まで数週間はかかってしまいます
しかし、ラボ内のピペットが少なくあまり余裕がなかったり、そこのランニングコストを削りたい方は天秤で測定することもありますが、下記のような精度を合否判定してくれる機器があります。

メトラートレド/SmartCheck SLS1010S

SmartCheck SLS1010S
SmartCheckは、校正と校正の合間にピペットが精確に吐出されているかどうかを迅速に確認する方法を提供します。自動的にテストされる量を検出し、さらに3回の繰り返しにより、測定された不確かさを元に合否を判定します。

ピペットの精度が正しく吐出しているか合否判定してくれる機器です。
すべてのブランドのピペットを測定でき、10μL-1,000 μLのピペット性能検証に使用できます。
また、マルチチャンネルピペットの各チャンネルの検証も可能となっています。
PipetteXソフトウェアを使用することにより、点検結果を簡単に記録でき、文書化も可能にします。

A&D/ピペット容量テスター

株式会社エー・アンド・デイ
エー・アンド・デイは、アナログとデジタルの変換技術をコアとして、DSP搭載計測・制御・シミュレーションシステム、各種試験機、電子天秤、ロードセル、血圧計、温度計、体重計などの製品をお届けしております。

A&D社の分析天びんBMシリーズが必要にはなりますが、ピペット容量テスターキットを用いることで
ピペットの自主検査・管理が行えるようになります。

専用ソフトウェア(WinCT-Pipette)により精度判定(国際規格 ISO8655に準拠)が容易にでき、測定結果の出力も可能です。

A&D/マイクロピペット用リークテスター AD-1690

株式会社エー・アンド・デイ
エー・アンド・デイは、アナログとデジタルの変換技術をコアとして、DSP搭載計測・制御・シミュレーションシステム、各種試験機、電子天秤、ロードセル、血圧計、温度計、体重計などの製品をお届けしております。

マイクロピペットのリークチェックが簡単に行える機器です。
ピストンシール、Oリングの磨耗、コネクティングナットのゆるみ、チップホルダーの傷、ピストン部の錆びなどにより発生する液漏れ検査が短時間で簡単に測定可能です。
別途計量データロガー(AD-1688)を使用することで判定結果の保存も可能。

これらの測定機器で各メーカーのピペット測定を自社で行い、不合格の結果が出たピペットだけ点検サービスに出すと手間やコストが抑えられますね

気になる方はメーカーへデモの依頼をしてみてくださいね。

点検出張サービスの紹介

ここでは様々なメーカーのピペットを所有していて、各社へ出すのが手間だったり、メーカーへ発送・点検・返却までの期間まで待てない・短期間で終わらせたい!という方へオススメなのがオンサイトサービスです。

メトラートレド/オンサイトサービス

ピペット校正および修理サービス
メトラー・トレドが提供する認定校正サービスは、GMP/GLP 準拠ラボがコンプライアンスを実現および維持するのに役立ちます。

特徴

  • お客様の研究室にてピペット校正を実施
  • 外部に持ち出せないピペットの管理に最適
  • マルチチャンネルピペットにも対応
  • メトラー・トレドのミクロ天びんを使用
  • メトラー・トレドのミクロ天びんをお客様のラボまで送り、メーカーのエンジニアが校正を実施
  • ユーザーの環境でピペットを校正するから間違いなし
  • スペックから外れていれば、その場で調整し再ひょう量
  • お客様のラボにて検査報告書(PDF)の発行
  • 他メーカーのピペットにも対応
  • ISO 17025 認定サービス

価格は都度見積もりとなりますので、詳細はメーカーへお問い合わせください。

ユニフレックス/オンサイトバリデーション

オンサイトバリデーション - 理化学機器の製造販売とバリデーションを行うユニフレックス

特徴

●超高精度・短時間

●事務の連絡確認作業の煩雑さを解消

●研究時間の短縮につながる

オンサイトバリデーション 料金表

シングルピペッター 
6点2量測定の実証
6,500円~18,800円
マルチチャンネルピペッター
全チャンネル測定6点2容量(8ch)
19,500円~32,000円
引用元:http://www.uniflex.co.jp/service1

詳細な価格に関してはメーカーへ問い合わせてみてくださいね。

各社サービス内容の紹介

ここでは下記の記事で紹介しているメーカーのピペット校正・点検サービスに関して詳しく説明していきます。

ピペット校正は実施しているが、詳細が確認できないメーカーに関しては
省いておりますので、ご容赦ください。

また、ピペットの買い替え検討されている方は参考にしてみてくださいね。
※各サービスの料金等も記載しておりますが、内容は2023年1月時点となります。
サービス内容、校正書類の変更がある場合もございますので、ご了承ください。

GILSON/点検・校正サービス各種

ピペットマン ISO/IEC 17025 校正サービス | エムエス機器株式会社
国内初の JIS Q 17025:2005(ISO/IEC 17025:2005)適合ピペット校正機関として、ISO 8655-6 に準拠した信頼性の高い3種類の校正サービスを提供しています。

2007年11月に国内ピペット業界初のJIS Q 17025:2005 (ISO/IEC 17025:2005) に適合するピペット校正機関としての認定を取得。
厳格な品質管理システムのもと、ISO 8655-6 に準拠した校正方法を実現し、信頼性の高い校正結果を提供。

P・N・M・固定Fタイプ・マルチチャンネル・マイクロマン・ディストリマン・リペットマン

●通常修理サービス

費用基本料金+不具合部品交換費用(シール、Oリング、チップホルダー以外)
発行書類・サービスシート

バリデーションサポート

費用各コース料金+不具合部品交換費用(シール、Oリング、チップホルダー以外)
発行書類・サービスシート・トレーサビリティ体系図
・Aコース(検査報告書(点検後))
・Bコース(検査報告書(受取時)、検査報告書(点検後))

●ISO/IEC17025校正サービス

費用各コース料金+不具合部品交換費用(シール、Oリング、チップホルダー以外)
発行書類・サービスシート・トレーサビリティ体系図
・スタンダードコース(ISO校正証明書(点検後))
・プレミアムコース(ISO校正証明書(受取時)、ISO校正証明書(点検後))

L・G・固定FL

●通常修理
(通常修理依頼書と同じ書式となります。)

費用定額料金(パーツ代込み)
発行書類サービスシート

他社ピペット

オープンライトコース
パーツ交換やピペットを調整して誤差を修正する作業は行っておらず、校正を行った後、校正証明書を発行しての返却となります。
※対象機種:ギルソン / エッペンドルフ / サーモフィッシャー サイエンティフィック / メトラー・ドレド / ザルトリウス・ジャパン / ニチリョー / グライナー

費用コース料金
発行書類・サービスシート
・ISO校正証明書(受取時)
・トレーサビリティ体系図

サービスの料金に関しては下記資料をご確認ください。

エッペンドルフ/点検・校正サービス各種

Pipette Service Japan - Eppendorf

ISO 17025認定サービスセンターにて自社ブランドや他社ブランドの校正を実施。
最高の標準で実施される設備で最高の点検を提供します。

各サービスを利用の際は修理依頼書とデコンタミネーション証明書が必要となりますので、
ピペットと合わせてご準備ください。

JCSS校正

コースの種類●出荷前校正
●校正のみ
●通常校正
●受け取り時付き校正
費用●表に記載の価格。(定額制)
●基準器の校正証明書:¥ 2,300/1本
●JCSS校正検査成績書(メカニカルチェック、リークチェックの合否判定):
 ¥ 4,200/1データ。
●規定以外の書類が必要な場合、特別書類添付・作成手数料として¥ 3,200/1本。
補足●通常校正、受付時校正付き校正サービスには、トレーサビリティ体系図が添付されます。
●校正のみを実施し、メンテナンス、修理及び容量調整は行いません。
●受付時校正終了時点で校正結果の報告が必要な場合、¥ 2,300/1本が発生。校正依頼時にお申し付けください。
●バイオマスター 4830 は対象外です。
●最大容量10 µL以下のピペットは対象外です。

修理サービス

コースの種類修理サービス
費用●表に記載の価格(定額制)
●基準器の校正証明書およびトレーサビリティー体系図が必要な場合は:¥ 2,300/1本
●規定以外の書類が必要な場合、特別書類添付・作成手数料として¥ 3,200/1本。
補足調整・秤量チェックのみ
パーツ交換が発生しても、追加料金はかかりません。

バリデーションサポート(通常検定)

コースの種類●出荷前点検
●検定のみ
●通常検定
●受け取り時検定付き検定
費用●表に記載の価格。(定額制)
●基準器の校正証明書:¥ 2,300/1本
●トレーサビリティ体系図:\2,300/1本
●規定以外の書類が必要な場合、特別書類添付・作成手数料として¥ 3,200/1本。
補足●検定のみコース:メンテナンス、修理及び容量調整は行いません。
●受付時検定終了時点で検定結果の報告が必要な場合:¥ 2,300/1本。
●電動連続分注器は指定がない場合、Combitips Advanced 5.0 mLを使用します。
別チップのへの変更も可能ですが、
複数のチップ容量での検定をご希望の場合:¥ 4,400/1種類追加、¥ 8,800/受付時検定付き

他社ブランド校正サービス

●ギルソン
●サーモフィッシャー(フィン)
●メトラートレド(レイニン)
●ザルトリウス(バイオヒット)
●ニチリョー

費用問い合わせ
製品カテゴリー●シングルタイプ(容量固定・可変)
●マルチチャンネル(容量可変)
●電動ピペット
※機種によっては対応できない場合があります。
※連続分注器やピペットコントローラーなどは対象外となります。
補足検定・校正のみを実施し、メンテナンス、パーツ交換、容量調整は含まれません。

アズワン/オリジナル校正サービス

修理・校正・点検サービスについて | アズワン

アズワンのオリジナルの修理・校正サービスです。
短納期での対応となりますので、急ぎの方にお勧めです。

価格やサービス内容は都度問い合わせとなっておりますので、
ご検討の方はこちらからお問い合わせください。

また、依頼には修理・校正依頼書が必要ですので、
書類はこちらからダウンロードください。

 BM機器/ピペット校正サービス

BM - お問い合わせ - BIO
バイオ機器・研究機器・消耗品などを取扱うビーエム機器BM BIOのページです。

こちらは都度お見積りとなります。
サービス内容や価格等は別途メーカーや代理店にお問い合わせください。

メトラートレド/ピペット校正および修理サービス

ピペット校正および修理サービス
メトラー・トレドが提供する認定校正サービスは、GMP/GLP 準拠ラボがコンプライアンスを実現および維持するのに役立ちます。

ISO 17025サービス NVLAP(LAB CODE 200842-0)認定
●GMP/GLP 準拠したラボでの実施
●返送校正サービス、オンサイトサービスでの対応
●純正品・他メーカー品同じプランでの対応

※下記内容は見積書兼注文書記載の内容より記載しております。

※2023年7月よりプラン名称と内容が変更になっております。

スタンダードプラン:定期的なサービスを必要とするラボ

アドバンスプラン:過去のパフォーマンスが重要な場合

認定プラン:より詳細なデータが必要あるいはISO8655レベルを希望の場合

スタンダードプラン( 整備後プラン 旧Plan A)

作業内容
・シール交換、校正後のリークテストを含む予防保守
・ISO8655あるいはメーカースペックへの調整
・詳細な結果および履歴を記載した検査報告書
※合否判定に不確かさは含まれません

※定価内での作業の場合、⾒積書提出がなく作業が始まってしまいますので、ご注意ください。
※校正のサービスにはメンテナンスや修理が含まれています。 
※修理依頼の方もこちらのフォーマットをご使用ください。

コース名整備前 整備後 価格
シングルチャンネル
整備後2×4
なし2点4回
(10%と100%で
各4回測定)
¥7,900
シングルチャンネル
整備後3×10
なし3点10回
(10%、50%、
100%で各10回測定)
¥11,200
マルチチャンネル8ch
整備後2×4
なし2点4回
(10%と100%で
各4回測定)
¥13,700
マルチチャンネル12ch
整備後2×4
なし2点4回
(10%と100%で
各4回測定)
¥16,500
マルチチャンネル8ch
整備後3×10
なし3点10回
(10%、50%、
100%で各10回測定)
¥40,100
マルチチャンネル12ch
整備後3×10
なし3点10回
(10%、50%、
100%で各10回測定)
¥47,700
情報は2023年8月時点となります。

※校正証明書の発⾏(NVLAP [LAB CODE200842-0] ISO17025ロゴ入り)\2,800/1本
※トレーサビリティ体系図:\2,800/1本

※1 モデルによっては(10%,100%)or (10%,50%,100%)の測定箇所ではなく、各メーカーのスペック表に記載されている測定箇所で測定⾏うことがあります。
オートレップ等のシリンジにより容量が変化するピペットは、基本的に5MLのシリンジで測定します。その他の容量をご希望の場合は別途ご相談ください。
※2 校正証明書の発⾏の場合は⼀度の吐出し量の最⼤が20mL以下のピペットが対象になります。電動タイプの連続分注ピペットも、20mLまでのチップになります。
容量固定モデルについても、料金は同じ設定となっております。
※3ノズル数が8本以下のピペットは8CHのプランをお選びください。ノズル数が16本あるピペットは8CHのプラン2回分の料金になります。

アドバンスプラン( 整備前後プラン 旧Plan B)

※定価内での作業の場合、⾒積書提出がなく作業が始まってしまいますので、ご注意ください。
※校正のサービスにはメンテナンスや修理が含まれています。 

作業内容
・ピペットの各機能の検査・液漏れの検査・予防保守、メンテナンス
・検査報告書の発行(ISO17025ロゴ入りの場合は校正証明書の発行)
※合否判定に不確かさは含まれません

コース名 整備前 整備後 価格
シングルチャンネル
整備前後2×4
2点(10,100%) 4回2点(10,100%) 4回¥9,000
マルチチャンネル8ch
整備前後2×4
2点(10,100%) 4回2点(10,100%) 4回¥18,000
マルチチャンネル12ch
整備前後2×4
2点(10,100%) 4回2点(10,100%) 4回¥20,800
情報は2023年8月時点となります。

※校正証明書の発行(NVLAP [LAB CODE200842-0] ISO17025ロゴ入り)\2,800/1本
※トレーサビリティ体系図:\2,800/1本

※1 モデルによっては(10%,100%)or (10%,50%,100%)の測定箇所ではなく、各メーカーのスペック表に記載されている測定箇所で測定⾏うことがあります。
オートレップ等のシリンジにより容量が変化するピペットは、基本的に5MLのシリンジで測定します。その他の容量をご希望の場合は別途ご相談ください。
※2 校正証明書の発⾏の場合は⼀度の吐出し量の最⼤が20mL以下のピペットが対象になります。電動タイプの連続分注ピペットも、20mLまでのチップになります。
容量固定モデルについても、料金は同じ設定となっております。
※3ノズル数が8本以下のピペットは8CHのプランをお選びください。ノズル数が16本あるピペットは8CHのプラン2回分の料金になります。

認定プラン (整備前後プラン 旧Plan B エクステンド )

※定価内での作業の場合、⾒積書提出がなく作業が始まってしまいますので、ご注意ください。
※校正のサービスにはメンテナンスや修理が含まれています。 

作業内容
・ピペットの各機能の検査・液漏れの検査・予防保守、メンテナンス
・検査報告書の発行(ISO17025ロゴ入りの場合は校正証明書の発行)
※合否判定に不確かさは含まれません

コース名 整備前 整備後 価格
シングルチャンネル
整備前3×4 , 整備後3×10
3点(10,50,100%) 4回3点(10,50,100%) 10回¥14,500
シングルチャンネル
整備前後3×10
3点(10,50,100%) 4回3点(10,50,100%) 10回¥20,900
マルチチャンネル8ch
整備前3×4 , 整備後3×10
3点(10,50,100%) 4回3点(10,50,100%) 10回¥44,000
マルチチャンネル12ch
整備前3×4 , 整備後
3×10
3点(10,50,100%) 4回3点(10,50,100%) 10回¥51,500
マルチチャンネル8ch
整備前後3×10
3点(10,50,100%) 10回3点(10,50,100%) 10回¥52,500
マルチチャンネル12ch
整備前後3×10
3点(10,50,100%) 10回3点(10,50,100%) 10回\61,700
情報は2023年8月時点となります。

※校正証明書の発行(NVLAP [LAB CODE200842-0] ISO17025ロゴ入り)\2,800/1本
※トレーサビリティ体系図:\2,800/1本

※1 モデルによっては(10%,100%)or (10%,50%,100%)の測定箇所ではなく、各メーカーのスペック表に記載されている測定箇所で測定⾏うことがあります。
オートレップ等のシリンジにより容量が変化するピペットは、基本的に5MLのシリンジで測定します。その他の容量をご希望の場合は別途ご相談ください。
※2 校正証明書の発⾏の場合は⼀度の吐出し量の最⼤が20mL以下のピペットが対象になります。電動タイプの連続分注ピペットも、20mLまでのチップになります。
容量固定モデルについても、料金は同じ設定となっております。
※3ノズル数が8本以下のピペットは8CHのプランをお選びください。ノズル数が16本あるピペットは8CHのプラン2回分の料金になります。

サーモフィッシャー/ピペットサービス

ピペットサービス | Thermo Fisher Scientific - JP

●各メーカーへの個別依頼が面倒
●価格、納期がバラバラで管理が大変
●メーカーごとで基準や書類が異なるため内容を把握できない
こんなお悩みをまるっと解決してくれるサービスです。

依頼書は各サービス共通となります。

ISO/IEC 17025校正サービス

スポット校正と定期校正
定期校正:10本以上対象の定期コースです。
スポット校正:都度お申し込み
・年1回、ピペットをお預かりして点検・整備・検定を行います。
・定期校正はメンテナンス時期の約2週間前にメーカーより連絡があります。
・メーカーピペットと他社ピペットの組み合わせも可能です。
・検定回数1回→点検後のみ実施、検定回数2回→点検前後実施となります。

サービス
コース
点検クリーニング検定メンテナンス前検定メンテナンス後検定条件マルチチャンネル
検定
サービスレポートキャリブレーション
レポート
ISO校正
証明書
シングル検定1回3点10回
シングル検定2回3点10回
マルチ検定1回3点10回
マルチ検定2回3点10回
※定期校正とスポット校正の内容は同じです。
提出書類ISO校正証明書
付属文書:キャリブレーションレポート(受入時(検定2回の場合)および最終的なキャリブレーション結果のレポート)
トレーサビリティ体系図の写し
サービスレポート(交換パーツなどサービス内容を記載)
校正条件3 点検定(容量3 点) 測定回数 各 10 回最大容量
最大容量の50%
最小容量または最大容量の10% のうち、どちらか大きい方
マルチチャンネルピペットは全チャンネルについて検定します。
※トレーサビリティ関連資料(校正に使用した校正機器の証明書の写し)が必要な場合は\3,800/枚となります。
(1. 天びん、2. 温度計、3. 湿度計、4. 気圧計)

●O-リングおよびシーリングの交換が含まれております。一部、対象外の他社ピペットがございます。その場合、別途ご相談させていただきます。
●コース外のパーツの交換が必要な場合、定額パーツシステムを適用いたします。
●特殊ピペットおよび旧型のモデルの一部は対象外です。
●価格はWEBよりカタログをダウンロードください。

点検サービス

サービス
コース
点検クリーニング検定メンテナンス前検定メンテナンス後検定条件マルチチャンネル
検定
サービスレポートキャリブレーション
レポート
ISO校正
証明書
シングル検定1回2点5回
シングル検定2回2点5回
マルチ検定1回2点5回
マルチ検定2回2点5回

●O-リングおよびシーリングの交換が含まれております。一部、対象外の他社ピペットがございます。その場合、別途ご相談させていただきます。
●コース外のパーツの交換が必要な場合、定額パーツシステムを適用いたします。
●ピペットの状態により 修理・その他のサービス を適用させていただくことがあります。
●ピペットの規格値について、マイクロマン(MICROMAN®)は空気置換方式を準用します。
●他社製の連続分注器の対応可能
●特殊ピペットおよび旧型のモデルの一部は対象外です。

 ザルトリウス/ピペットサービス

ISO/IEC17025試験所様向け ピペットの正しい精度検査と好適な操作方法で効率的な試験を! 製品カタログ | カタログ | ザルトリウス・ジャパン - Powered by イプロス
ザルトリウス・ジャパンのISO/IEC17025試験所様向け ピペットの正しい精度検査と好適な操作方法で効率的な試験を!の製品カタログが無料でダウンロード。ザルトリウスは適切な機器とアフターサービスそして正しいピペットの取扱い方法をご提供し...

●ISO/IEC 17025:2017(JIS Q 17025:2018)の要求事項に適合するピペット校正サービス
●各種規格ISO15189,9001,GMP/GLP等にも対応可能

Pipette Doctor (点検/メンテナンス)

測定ポイント: 2ポイント(ピペットの最大容量の100 %と10 %もしくは最小設定容量)5回測定。
合否判定: 試験はISO8655 の最大許容誤差または、メーカー基準と比較して合否の判定を行います 。
受入検査: 点検/メンテナンス実施前(受入時)の精度検査。

サービス内容価格サービス報告書精度検査成績書受入時精度
検査成績書
Pipette Doctor 1ch ¥4,500
Pipette Doctor 1ch 受入検査あり¥7,500
Pipette Doctor 8ch ¥11,000
Pipette Doctor 8ch 受入検査あり¥17,500
Pipette Doctor 12ch ¥14,000
Pipette Doctor 12ch 受入検査あり¥22,500

JCSS校正

測定ポイント: 3ポイント(ピペットの最大容量の100 %、50%、10 %もしくは最小設定容量)で、10回測定。
合否判定: 試験はISO8655 の最大許容誤差または、メーカー基準と比較して合否の判定を行い、 合否判定試験成績書を発行します 。
受入校正: 点検/メンテナンス実施前(受入時)に行うJCSS 校正です。
マルチチャンネル(8 ch、12 ch)の場合、代表する1 チャンネルのみを校正します。 全チャンネルの測定データが必要な場合、合否判定試験をご依頼下さい。

★ISO9001, ISO15189, ISO/IEC17025 や JIS、薬局方、GMP/GLP など各種規格や法規に準拠するためにはJCSS校正を選択ください。

サービス内容価格サービス
報告書
JCSS校正証明書
(調整前)
受入時合否
判定成績書
JCSS校正証明書
(調整後)
合否判定
試験成績書
JCSS校正1ch¥14,000
JCSS 校正 1ch
合否判定付き
¥17,000
JCSS校正1ch
調整前校正付き
¥25,000
JCSS 校正 1ch
調整前校正+合否判定付き
¥28,000
JCSS校正8ch¥22,000
JCSS 校正 8ch
合否判定付き
¥33,000
JCSS校正8ch
調整前校正付き
¥43,000
JCSS 校正 8ch
調整前校正+合否判定付き
¥54,000
JCSS校正12ch¥28,000
JCSS 校正 12ch
合否判定付き
¥43,000
JCSS校正12ch
調整前校正付き
¥54,000
JCSS 校正 12ch
調整前校正+合否判定付き
¥70,000

上記表は下記カタログを参考に作成しております。

 ワトソン/校正サービス

NEXTYカスタマーサポート&メンテナンスサービス | WATSON・深江化成
高度な微細加工に自信があります。ライフサイエンス用プラスチック製品の開発・販売をおこなう深江化成のコーポレートサイト。WATSON製品案内や企業情報がご覧になれます。

※他社製ピペット校正サービス申込書はページ下部からダウンロードください
※下記内容はメーカーHP記載の内容を元に記載しております。

メンテナンスサービス/サービスパッケージ

料金シングル/S ¥2,000-
A C     ¥2,500-
マルチ   ¥4,500-
内容クリーニング、Oリング、プランジャーシール、
ノズルコーンの交換、グリスアップ、
精度チェック
AC・・・オートクレーバブルピペッター
エコノミークラス

作業報告書、精度検定書
(キャリブレーションレポート)付き
校正証明書、トレーサビリティー体系図は
別途¥2,000-

料金シングル/S ¥4,000-
A C     ¥8,000-
マルチ   ¥15,000-
内容エコノミークラスのサービス内容に、以下の
パーツ交換が追加。交換対象部品:
エジェクトコーン、バネ1,2、バネ座金1~3、
プランジャー、プランジャー継手、ノックピン
AC・・・オートクレーバブルピペッター
ビジネスクラス

作業報告書、精度検定書
(キャリブレーションレポート)付き
校正証明書、トレーサビリティー体系図は
別途¥2,000-

料金シングル/S ¥8,000-
A C    ¥16,000-
マルチ   ¥20,000-
内容ビジネスクラスのサービス内容に、以下が追加
交換対象部品:内部パーツ全て
AC・・・オートクレーバブルピペッター
ファーストクラス

作業報告書、精度検定書
(キャリブレーションレポート)付き
校正証明書、トレーサビリティー体系図は
別途¥2,000-

メンテナンスサービス/校正サービス

料金¥6,000- 校正前データ無し
¥9,200- 校正前データ付き
内容3点検定:
容量(最大容量、中間容量、最小容量)
測定回数:10回
シングル/S/オートクレーバブル

作業報告書・精度検定書(キャリブレーションレポート)・校正証明書(測定機器)・トレーサビリティ体系図付き
※別途部品代

料金¥10,000- 校正前データ無し
¥13,500- 校正前データ付き
内容3点検定:
容量(最大容量、中間容量、最小容量)
測定回数:10回
マルチ

作業報告書・精度検定書(キャリブレーションレポート)・校正証明書(測定機器)・トレーサビリティ体系図付き
※別途部品代

他社製ピペッター校正(修理)サービス PIPETTEDOCK (ピペットドック)
他社製ピペッター校正サービス | WATSON・深江化成
高度な微細加工に自信があります。ライフサイエンス用プラスチック製品の開発・販売をおこなう深江化成のコーポレートサイト。WATSON製品案内や企業情報がご覧になれます。

●正確な吸引法による測定
●ISO準拠の吐出法にも対応
●リーズナブルな料金設定
●代替器無料貸出サービス

校正を受けるピペッターは、必ず事前に有害物汚染の除去を行い、申込みの際ご署名をお願いいたします。

プラン料金
Aプラン
2点4回測定
\6,000
Bプラン
3点10回測定
\8,000
基本サービス

校正証明書(測定機器)トレーサビリティ体系図:\5,000

 コーニング/ピペット校正サービス

ピペッター校正サービスのご案内 | Corning
Corning®およびAxygen®のピペッターの校正を承っています。お申込みに際して器物のデコンタミネーションをお願いしています。

納期:校正器物を受領した日から10営業日となります。

※下記内容はメーカーHP記載の内容を元に記載しております。

校正サービス料金表

受入校正価格
あり\25,000
なし\16,000
●シングルチャンネル/JCSS校正

※別途費用
トレーサビリティ体系図:\6,800
分解清掃時の部品交換:\1,500

受入校正価格
あり\13,000
なし\10,000
●シングルチャンネル/ISO検査

※別途費用
トレーサビリティ体系図:\6,800
分解清掃時の部品交換:\1,500

受入校正価格
あり\66,000
なし\42,000
●8連マルチチャンネル/JCSS校正

※別途費用
トレーサビリティ体系図:\6,800
分解清掃時の部品交換:\1,500

受入校正価格
あり\38,000
なし\27,000
●8連マルチチャンネル/ISO検査

※別途費用
トレーサビリティ体系図:\6,800
分解清掃時の部品交換:\1,500

受入校正価格
あり\82,000
なし\52,000
●12連マルチチャンネル/JCSS校正

※別途費用
トレーサビリティ体系図:\6,800
分解清掃時の部品交換:\1,500

受入校正価格
あり\47,000
なし\33,000
●12連マルチチャンネル/ISO検査

※別途費用
トレーサビリティ体系図:\6,800
分解清掃時の部品交換:\1,500

他社製品は対応しておらず下記ピペットのみとなります。

・Corning ラムダ プラス ピペッター シングルチャンネル(4070~4075)
・Corning ラムダ プラス ピペッター 8チャンネル(4080~4083)
・Corning ラムダ プラス ピペッター 12チャンネル(4084~4087)
・Corning ラムダ エリートタッチ ピペッター シングルチャンネル(6050~6056)
・Corning ラムダ エリートタッチ ピペッター 8チャンネル(6057~6060)
・Corning ラムダ エリートタッチ ピペッター 12チャンネル(6061~6064)
・Axygen Axypet Pro ピペッター シングルチャンネル(AP-シリーズ)
・Axygen Axypet Pro ピペッター 8チャンネル(AP-8-シリーズ)
・Axygen Axypet Pro ピペッター 12チャンネル(AP-12-シリーズ)

日本ジェネティクス/HTL社製ピペット校正サービス

HTL社製ピペット校正サービスは終了しており、2023年8月時点ではザルトリウス社のピペット校正対応のみとなっております。

ニチリョー/修理とバリデーションサポート

修理・校正申込書 | 修理とバリデーションサポート | 分注器・ピペットの製造・販売 株式会社ニチリョー NICHIRYO

※下記内容はメーカーHPの内容を元に記載しております。

修理サービス

定額サービスとなります。

製品名料金
Nichipet Air7,500円
Nichipet Air マルチチャンネル18,000円
Nichipet EXⅡ7,500円
Nichipet EXⅡ MULTI18,000円
Nichipet EX PlusⅡ10,000円
Nichipet Premium10,000円
Nichipet Premium LT10,000円
Nichipet FⅡ7,000円
Nichipet VⅡ7,000円
NICHIRYO Le9,000円
※2023年8月時点

※各機器すべての容量モデルが対象となります。
※老朽化等の理由により制度保証ができない場合、「修理不能」の案内をする場合もございます。

JCSS校正サービス

サービス
コース
価格校正
調整前
校正
調整後
修理・
容量調整
合否
判定基準
J-A\13,000メーカー精度
J-B\18,000メーカー精度
J-C\30,000ISO-8655-2
J-D\13,000ISO-8655-2
●JCSS校正/シングル

・発行書類
JCSS校正証明書+検査成績書+TEST
REPORT
・測定回数:10回
・トレーサビリティ体系図(常用参照標準校正証明書):\5,000

サービス
コース
価格校正
調整前
校正
調整後
修理・
容量調整
合否
判定基準
J-A8\27,000メーカー精度
J-B8\35,000メーカー精度
J-C8\61,000ISO-8655-2
J-D8\27,000ISO-8655-2
●JCSS校正/マルチ8連

・発行書類
JCSS校正証明書+検査成績書+TEST
REPORT
・測定回数:10回
・トレーサビリティ体系図(常用参照標準校正証明書):\5,000

サービス
コース
価格校正
調整前
校正
調整後
修理・
容量調整
合否
判定基準
J-A12\40,000メーカー精度
J-B12\48,000メーカー精度
J-C12\87,000ISO-8655-2
J-D12\40,000ISO-8655-2
●JCSS校正/マルチ12連

・発行書類
JCSS校正証明書+検査成績書+TEST
REPORT
・測定回数:10回
・トレーサビリティ体系図(常用参照標準校正証明書):\5,000

検定サービス

※ニチリョー製品以外の修理は簡易メンテナンスとなります。
交換パーツが必要な修理は行えませんので、修理せずそのまま返却となります。

サービス
コース
価格校正
調整前
校正
調整後
修理・
容量調整
合否
判定基準
N-A\4,000メーカー精度
N-B\9,000メーカー精度
N-C\12,500ISO-8655-2
N-D\4,000ISO-8655-2
●検定サービス/シングル

・発行書類
検査成績書+TESTREPORT
・測定回数:6回
・トレーサビリティ体系図(常用参照標準校正証明書):\5,000

サービス
コース
価格校正
調整前
校正
調整後
修理・
容量調整
合否
判定基準
N-A8\8,500メーカー精度
N-B8\16,500メーカー精度
N-C8\24,500ISO-8655-2
N-D8\8,500ISO-8655-2
●検定サービス/マルチ8連

・発行書類
検査成績書+TESTREPORT
・測定回数:6回
・トレーサビリティ体系図(常用参照標準校正証明書):\5,000

サービス
コース
価格校正
調整前
校正
調整後
修理・
容量調整
合否
判定基準
N-A12\12,500メーカー精度
N-B12\20,500メーカー精度
N-C12\32,500ISO-8655-2
N-D12\12,500ISO-8655-2

●検定サービス/マルチ12連

・発行書類
検査成績書+TESTREPORT
・測定回数:6回
・トレーサビリティ体系図(常用参照標準校正証明書):\5,000

サービス
コース
価格校正
調整前
校正
調整後
合否
判定基準
D-1\3,500メーカー精度
D-2\7,000メーカー精度
●校正サービス(ディスペンサー)

・発行書類
※検査成績書+TESTREPORT
(メーカー独自の検査成績書になります。)
・測定回数:6回
・トレーサビリティ体系図(常用参照標準校正証明書):\5,000

まとめ

メイン画像

ピペット校正は精度・正確性を保つためにはとても大切です。
普段のメンテナンスも大切ですが、性能を保つためには定期的に行いましょう。
ピペットと合わせて提出する書類も添付してますので、校正の際はいちいちWEBで探さなくても
このページからポチっとダウンロードくださいね。
メーカーによってはデコンタミネーション証明書が必要な場合もありますので、ご注意ください。

また、他にもマイクロピペットを各社まとめた記事もあります。
買い替えが必要になり、他メーカーも視野に入れたいときはぜひ参考にしてください!

今後も役に立つ記事を更新していきますので、よかったらブックマーク友人・知人への紹介をしてもらえると嬉しいです!

機器
スポンサーリンク
シェアする
ゆん玉をフォローする
スタコラボ*研究員のためのまとめサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました